IOダインセラピー臨床研究会|ヨウ素製剤の認知活動・講習・学術活動

医療における進歩・発展と、がん及び各種疾患の治癒率を向上させることを目指します

ホーム ≫ IOダインとは ≫

IOダインとは

IOダイン(コロイドヨード)について

研究

元素であるヨード(ヨウ素)を水素と結合させコロイド化する事により、ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。
コロイドとはイオンや分子よりも大きい粒子が気体、液体、固体中に分散している状態のことで、いろいろな物質は身体内でコロイド状態で細胞に供給されます。

IOダインの適応と禁忌

コロイド化したヨードが体内へ入ると、新陳代謝を著しく活性化し、免疫力を高め病原菌やウイルスを排除し、自然治癒力を引き出します。
老化や炎症を起こした細胞、がん化した細胞をはじめ、活性酸素や有害物質を吸着し、体外へ出すとともに、正常細胞を活性化し、体の機能を効果的に高めます。
日本では統合医療のクリニックでしか使用されていませんが、海外では注目されている治療法です。

  • 末期を含む各種がん
  • 血管障害(脳、心臓など)
  • 自己免疫性疾患、アレルギー疾患
  • ウイルス性疾患(エイズを含む)、細菌感染
  • てんかんなどの脳疾患
  • 糖尿病、肥満などの代謝低下
  • 健康保持、維持管理

禁忌

ヨードは甲状腺ホルモンの材料にもなりますのでコントロールされていない甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は服用できません。

IOダインの優れた点

  1. がん細胞に選択的に作用し、正常細胞を傷つけない(むしろ活性化)
  2. 副作用、副反応が少ない(ただし治療による反応はあります)
  3. 耐性や体内での蓄積性がない
    (大体2時間で尿から排泄されるため蓄積性がありません。そのため逆にがん治療では2時間毎に1日7~8回の服用が必要になります)
  4. 抗がん剤など既存の治療とも併用できる

治療による反応

  • 発熱、体温上昇:0.5~1℃上昇します。
  • 皮膚の発疹:排毒反応の1種と考えています。
  • 病巣や転移リンパ節の痛み:がんが死滅してくると痛みがでます。
  • 腫瘍が融解を起こせば一時的な主要マーカーの急上昇がみられる場合があります。

IOダインとがん細胞・ミトコンドリア

細胞

抗がん剤のメカニズム

抗がん剤には、核酸の合成を阻害してがん細胞の代謝を阻止しようとするものDNA合成抑制、代謝阻害、栄養遮断など様々な種類がありますが、いずれの薬でも直接あるいは間接的にがん細胞を攻撃して、がん細胞の活動を阻害しようとします。

抗がん剤は、正常な細胞とがん細胞の代謝のわずかの違いを狙いますので、当然、副作用が生まれる可能性が高くなります。

これらの薬は、がん細胞の働きを攻撃的に抑制しようとし、がん細胞が生まれ続けることや、その性質がどんどん悪化していくメカニズム(薬剤耐性)については対処できていません。そのために腫瘍の一時的な退縮に終始し、再発を繰り返すことになります。

細胞

がん細胞の特徴

がんの原因は多様ですが、その一つに細胞の中の遺伝子が損傷を受け、それが進行して、がん抑制遺伝子も損傷され、悪性細胞の増殖の制御が効かなくなることと考えられます。

また最近、がん細胞の中のミトコンドリアの品質の悪化の程度と、がん細胞の悪化(転移能、浸潤能など)が相関していて、ミトコンドリアの機能低下も重要な因子であると考えられます。

正常なミトコンドリアは、酸素を消費(好気性)してATPというエネルギーを産生(36)しますが、がん細胞ではミトコンドリアの機能低下とともに、酸素でなく、グルコースを消費してATPを産生(2)する嫌気性解糖系が亢進していることが分かっています。
だから、がん細胞は多くの糖を利用するのです(正常細胞の5倍)

ミトコンドリアを活性化させるとがん細胞は自滅する

がん細胞は、ミトコンドリアの機能を低下させ、解糖系のエネルギー産生を亢進しています。
理由は、ミトコンドリアが活性化すると発生する活性酸素によって、がん細胞が自滅してしまうからです。

がん細胞は、組織の中で低酸素状態に適応し嫌気性解糖しているので、正常細胞のように酸素が入ってきてミトコンドリアが活性化するのを嫌います。

研究

IOダイン(コロイドヨード)はミトコンドリアを活性化する

ヨウ素(ヨード)は、ハロゲン化化合物の中でも、外郭の電子を豊富に放出することができ、強い還元力を持っています。
また生体のミトコンドリアに特異的に親和性があり、ミトコンドリアの中の活性酸素種を還元します。

ヨウ素のミトコンドリア内における強力な還元作用は、正常な細胞や組織にダメージを与えることはないと考えられます。IOダイン(コロイドヨード)投与は、がん細胞のミトコンドリア機能低下に陥っている部分を改善させ、活性酸素によってがん細胞を自滅に誘導すると考えられます。IOダイン(コロイドヨード)の主要なメカニズムは、がんの患者様に投与して、がんに多く存在する不良のミトコンドリアを改善し、ミトコンドリアを活性化させ作られる活性酸素でがん細胞を崩壊させることを目的としています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

サブメニュー

モバイルサイト

IOダインセラピー臨床研究会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

IOダインセラピー臨床研究会

〒143-0023 東京都大田区山王2-6-12 山王ローヤル3番館1F
TEL 03-6417-1920 / アクセスはこちら